とまと日記

tomatonikk.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 21日

カビパラ囲まれる

a0106413_18532374.jpg
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8XR DiⅡTAMRON

前回の足の動物の答え:カピバラ

このカビバラは長崎バイオパークで撮影。
ココでは実際カピバラに触れることができます。
親も子も放し飼い状態!!ビックリです。
ちなみに、ここに写っているのは子供かな?!
なんかカピバラって不思議。これでネズミの仲間なんだって。
と、いうことでちょっとついでに調べてみました。


★アマゾン川流域などに生息するカピバラは、体長105~135cm体重が70キロ近くになる最大の齧歯類・ねずみの仲間です。水中や水辺で生活し、イネ科の草を食べ、休息時もふつう水辺から20メートル以内にいます。
危険が迫ると数分間は水中に潜っています。胴は比較的短く、毛は約5センチ程度の長さで全身に生えているが、まばらで、毛は固くタワシの様な硬であり、季節による抜け替わりはありません。尾はコブのような形で痕跡をとどめるにすぎません。足は短く、前足に4本、後ろ足に3本指があり、小さな水かきがあります。爪はひずめのような頑丈なものをもっています。
オスは鼻の上に分泌腺(モリージョ)があり、交尾期になると、メスを引き付けるためにこれを周囲の木の葉にこすります。 鳴き声は、ゴッゴッという威嚇の声、ピャッピャッという警戒音、クククッという親和的な声など色々声を出して鳴きます。

寒さには弱いみたい。バイオパークのカピバラ達は大丈夫なのか?!ちょっと心配。
モリージョは見てわかるくらいのコブみたい。覚えとこう。φ(・_・”)メモメモ
[PR]

by tetsutomato | 2008-02-21 19:05


<< ヤギにいたずら      ★ >>